郵便はがき

手に取って開きたくなる圧着ハガキの作成は業者に依頼しましょう

年賀状作成

顧客にキャンペーンや新商品の情報を知らせて、集客や売り上げをアップさせたい場合におすすめなのが圧着ハガキです。チラシや封書を使う方法もありますが、チラシの場合は余程インパクトがある印刷や内容でなければ、読まれずに処分されてしまう場合があったり、封書は郵送の際にコストがかかります。圧着ハガキは、通常のハガキと同じサイズで多くの情報を盛り込んで、手軽に顧客に郵送することが可能です。タイプによっては、往復はがきが一緒になっているものもあるので、用途に合わせてタイプを選ぶようにすると効率的です。圧着ハガキは、開封をしなければ他者に内容を見られる心配がないので安心です。また、受け取った人が手に取って開きたくなる心理的効果があるので、ダイレクトメールに適しています。作成は専門業者に依頼されることをおすすめします。業者によってサービス内容などが異なるので、用途や希望、予算に合う業者を選ぶことが大切です。また、インターネットでは実際に業者を利用した人の評価を見られる場合があるので、業者選びに迷った場合は利用者のコメントを参考にするのも良いでしょう。作成費用を抑えたい場合は、リーズナブルな料金でサービスを行っている業者をいくつか選び、それぞれの料金を比較して決めるようにしましょう。

圧着ハガキを利用したときのメリットとは

細長いハガキを折りたたんで通常サイズにして圧着した圧着ハガキは、ダイレクトメールなどでよく利用されているのを見かけると思います。
そのため、日本に住む大抵の方は圧着ハガキを見かけたことがあり、知っているはずです。
では、なぜわざわざ圧着ハガキを使用するのか、圧着ハガキを利用した際のメリットとはどのようなものかについては、ご存知でしょうか。
圧着ハガキを利用するメリットで最もわかりやすいのは、載せられる情報量の多さです。
通常のハガキの場合はどうしても、片面にしか書きたいことを書くことができないため、載せられる情報量は非常に少ないです。
しかしその点圧着ハガキなら、折りたたまれた面にも記載が可能なので、通常のハガキの2倍、3倍の情報を乗せることができるのです。
また、「隠されているからこそ見たくなる」という人の持つ心理によって、圧着されている部分を剥がして中身に目を通す人が多いというのも、圧着ハガキを利用するメリットです。
封書だと、わざわざ開けて読むのが面倒に思えたりもしますが、ただ剥がすだけの圧着ハガキなら、自然と中身を見てみようと考える人も多いのです。
このように、圧着ハガキには圧着ハガキにしかないメリットがあります。
そんな圧着ハガキを利用するなら、作成は専門業者に依頼するのがおすすめです。

圧着ハガキのオーダーは用途に合う折りタイプが選べます

メリットが多い広告郵便の形態として「圧着ハガキ」に注目が集まっており、宣伝や特別なDM発送などに広く利用されています。圧着ハガキは送料を抑えながら、たくさんの情報提供ができるツールです。封書でDMを発送していた企業でも圧着ハガキに切り替えるケースが増えており、広告効果を高めたい場合やレスポンス率を上げたい時などには、その効果が期待できます。
そのようなメリットを知って圧着ハガキの発送を検討された場合、その作成は専門業者に依頼するとよいでしょう。圧着ハガキのオーダーに際しては、折りのタイプの選択が可能でニつ折り、三つ折り、往復三つ折りの三種類から選べます。このタイプによって気密性がある圧着箇所が増え、掲載できる情報量も増えます。利用目的に合わせて最適な折りのタイプを選ぶことで、広告郵便としての効果も高められるでしょう。
情報量が多い場合は、往復三つ折りを選ぶことでしっかり告知できます。また個人的な情報を複数掲載したい場合も、外から見えない部分が多い往復三つ折りが適しているかもしれません。圧着ハガキの専門業者に依頼すると、印刷から圧着までトータルでオーダーできる他、業者によっては宛名書きや発送まで請け負ってもらえる場合もあります。

最新情報

プリント

なぜ?広告郵便に圧着ハガキが適している理由

広告郵便には普通のハガキや封書など、様々なものがあります。一番PR力が高くて目に留まりやすいのが圧着ハガキです。二つ折りや三つ折りのハガキで、中身が見えないように特殊な糊が使われています。普通のハガキの何倍も情報を載せることができますから、商品やサービスの良さを存分に伝えやすくなります。見た目は普通のハガキサイズですから、送料がハガキと同じでコストも安…

もっと読む

郵便物整理

中を見たいという気持ちにさせる効果がある圧着ハガキを利用しよう

普段から行っている広告宣伝活動や、特別な機会でのキャンペーンのご案内について、最近どうもお客様からのレスポンスが薄くて困っているという場合は、媒体として圧着ハガキを利用してみてはどうでしょうか。圧着ハガキというのは、この名称については案外知らない人も多いかもしれません。これは、普通のハガキと同じサイズですが、折りたたんで糊付けした部分があり、そこを破損…

もっと読む

カラー見本

圧着ハガキは情報量が多くなっても視覚的に伝えやすい

糊面で内側をくっつけることで、一枚のハガキとして郵送できる圧着ハガキに記載するのはどういった内容が向いているかというと、まず情報量が多い時です。通常のハガキだと宛名を記載する表面を除いて、裏側のみに情報を印字することができます。そのためその片面だけでは記載できる情報がどうしても狭められ、また多くの情報を載せようとすると、文字が小さくなっ…

もっと読む

郵便ポスト

圧着ハガキを使用するとどんなメリットがあるのか

ハガキを特別なニスで圧着した圧着ハガキを利用すると、どのようなメリットがあるのか、疑問に思った事がある方も多いのではないでしょうか。圧着ハガキを利用することによって、得られるメリットのうちのいつくかをご紹介致します。まずはやはり、圧着して中身が見られなくする事による、機密性の高さです。圧着ハガキは一度開封してしまうと元の状態には…

もっと読む

郵便はがき